希望をもてない人たち


希望をもてない若者が増えているといいます



若い人間が希望をもてないというのは


本当に悲しいことです









まるで自分のことのようにつらく感じることがあります

俺なんかよりも若く、純真な人たちが苦しむような時代が来るように思います












とはいえ、この完成された社会の中では

そういった弱い立場の人たちにできることなど

ほとんど何もなく







無気力に

生き続けるしかないわけです














日本は社会主義国家です



ある程度の知識人ならわかってくれると思いますが








自分の立場

生活保護を受給している自分の立場を考えてくれればその証明になると思います

それか学校などを思い浮かべてみるわかりやすいかと思います







ですので、社会の最底辺の方もそれなりの生活ができる


でも希望がない







日本はまだ経済大国なので

諸外国に比べると

お金があります





残念ながら

今のような状況が何十年もダラダラと続いてしまうと思います













就職できない人

ニート


こういった人たちは今後どうなってしまうのでしょうね







お前がいうなよって感じですが・・・


コメント