不安の波に襲われてしまいそうになるときがあります








理由のない不安


どうでもいいことに対しての不安








体から自然と分泌物や排泄物が出るかのように


心から自然と不安があふれるような気がします








それにとらわれ

その波にさらわれるともうおしまいです





帰って来れたとしても時間を失い、精神的なダメージを受けることは免れないです







そういったときは




強く芯を突き立て


客観的かつ合理的に考えなければなりません




そうじゃないと持ってかれます












心配ごとや不安に対して





ひとりで考えれば考えるほど悪い方向に行くものです




究極的には

こういう結論にいたる場合も多いです




















俺は死ぬしかないのではないか













そうゆうように出来てる気がします



でもこれ俺だけかもしれないです








ひとりで考えないで誰かに相談してみたらどうかな?















やだポン!

コメント