2年間人と話さなかったことがあります




東京に出てきて2年浪人しました

知り合いも友人もいませんでした









人間って孤独になる一歩手前が一番怖いように思います

どっぷりと浸かってしまえばぬるま湯のようなものでした




逆に出られなくなります

















1日1日頭の中の視野が狭くなっていくようです





同じようなことが頭ん中でくるくるまわっています



考えているようで何も考えられていません





脳内の世界が今の俺の全てですので



これがマヒしてしまうと、廃人ルート突入です













こうならないために、人は何かに興じるのかもしれません

























今日、喫茶店に行ったら声がでなくなってる自分に気づきました











話す自分にすごく違和感を感じるんです





あれ?声を発するってこんなだったっけ?



って思いました









俺、ただのひきこもりですね






コメント